アイフルのメリット

Posted on 2018.3.29 By

スケジュール即日融資ができるほか、女性専用ダイヤルもあるのがアイフルです。30日間無利息のサービスもおこなっています。強みのあるサービスであり、契約日の翌日から無利息になるサービスですので、契約とともに借入れを起こせば、30日間無利息で利用できるようになるでしょう。ただし、初回のみのサービスになるため、アイフルを初めて利用した人にしかメリットになってきません。おまとめローンに関するカードローンの利用も対象外となってしまいます。

もっとも重要なのは、アイフルの場合、契約日の翌日からという部分になるでしょう。つまり、この日に借入れを起こさなければ、無利息期間は無駄になってしまうのが問題です。わかりにくい部分ですが、契約日を4/1とした場合、翌日から換算していきますので5/1までは無利息期間となります。ところが、借入日が4/10だったとすると、ここから5/1までの期間しか無利息になりません。つまり、無利息期間は20日間になってしまうことになるため、大きく損をしてしまうことになるでしょう。アイフルを利用する場合には、できるだけ契約日に借りるようにするべきといえます。実際にそこまで金利が低いわけではありません。銀行系カードローンよりは高く設定されることを考えても、無利息期間はうまく利用していくべきでしょう。

(参考記事)
レイクのメリット
ノーローンのメリット

未分類


レイクのメリット

Posted on 2018.3.22 By

お金2008年に買収して新生銀行カードローンレイクになったのが、旧レイクです。新生銀行の傘下になったことでいろいろと変わってきましたが、銀行系カードローンとなったことで、総量規制の対象ではなくなりました。新たなレイクでも、無利息キャッシングサービスをおこなっていますが、同じ傘下のノーローンとは性格が異なります。レイク独自のサービスもいろいろと展開しており、目立つのはなんといっても180日間5万円以下無利息サービスでしょう。5万円分の利息が180日間無利息になるということは、かなり大きな意味があります。

5万円を半年間借入れするとして考えた場合、1万円ずつ返済をしていけば、利息は1円もかかりません。実際に他のカードローンでは金利がかかってくるため、1,500円程度は支払うことになるでしょう。わずかと思うかもしれませんが、月5千円の返済として考えると、返済回数は11回となり、利息はわずかに800円程度支払うにとどまります。これが、他のカードローンでは、3,700円の利息を支払うことになってくるのですから、大きな違いになるでしょう。

あまり大きな額になると、影響は少なくなります。カードローンの性格を考えれば、10万円以下の借入れが多くなる例を考えても、レイクの無利息キャッシングサービスは大きな意味があるでしょう。

(参考記事)
アイフルのメリット
ノーローンのメリット

未分類


ノーローンのメリット

Posted on 2018.3.20 By

お財布カードローンの中でも、新生銀行系となったのがノーローンの特徴です。何度でも7日間無利息というのが独自のサービスとして知られています。非常に有効な方法でもあり、短期で返済できるのであれば、無利息でどんどんと利用できるようになります。条件としては、完済している状態でなければならないため、迅速に返済する人でなければ活用ができません。そのため、大きな金額を借りるようなかたちは、不向きといっていいでしょう。もうひとつの条件として、完済した翌月でなければならないようになったため、最大でも月に1度しか利用できなくなりました。それでも、無利息でキャッシングできるのですから、かなり大きなメリットを持っています。

新生銀行系というところでは、レイクと同じ系列になりましたが、性格は異なる存在です。もともと異なる企業であったこともありますが、短期間での利用であれば、ノーローンのほうがカードローンとしても使い勝手がいいでしょう。短期返済することが利益につながるため、大きな金額を借りるよりも、生活費の足しにしたいといったレベルに向いているともいえます。審査時間も最短20分という素早さもウリですので、急いでいるときにも向いているといえるでしょう。

(参考記事)
アイフルのメリット
レイクのメリット

未分類


カードローン比較

Posted on 2018.3.19 By

男性お金が必要になったときに、消費者金融を活用するのは有効な手段です。担保も必要になりませんし、保証人も要求されません。非常に便利なサービスですが、もっと便利に使っていくためには、無利息キャッシングサービスを活用していくべきでしょう。

お金を借りる基本は、利息をつけて返済することになるでしょう。これは、貸す側のリスクをお金で充当する意味があるほか、貸金業者によっては利益に相当する部分になるからです。商売としてお金を貸す側から考えると、当然の費用といえます。ですが、その消費者金融が、無利息期間を設けているところに注目しなければいけません。うまく活用さえすれば、利息も一切支払う必要もなく利用できます。実際に大きな金額にならないことも出てきますが、少しでも返済額が少なくなるのは大きなメリットです。わずかな期間であっても、返済額を下げられることにデメリットはありません。

金利全体も見て決めていかなければいけませんが、無利息期間を有効に使えるかどうかがカギになるのは確かです。特に大手の消費者金融であれば、活用の手段はいろいろと出てきます。特に急いで借入れをしていかなければいけないときには、大手カードローンの安心感プラス無利息キャッシングサービスとなれば、大きな意味が出てくるでしょう。ノーローンレイクアイフルといった大手のサービスを見てみると、その価値の大きさもわかるようになりますので、参考にしてみてはいかがでしょうか。

未分類